脱毛サロンの施術は本当に痛くない?実際は痛いの?

脱毛サロンに行くことを迷っている女性は少なくありません。

その理由の一つが、脱毛って痛いんじゃないの?ということです。

痛みが全くないというのはあり得ません。

痛みはあると考えておいた方がいいでしょう。

しかし痛みの感じ方というのは人それぞれ。

実際に脱毛を受けて、痛くないと感じる人もいますし、思ったよりも痛かったという人も多いです。

やはり脱毛の施術を受けてみるまでは痛みはわからないのです。

そこで今回は、脱毛に関する痛みについて取り上げてご紹介します。

脱毛サロンの脱毛方法は、痛みが少ない方法

脱毛をする場所は脱毛サロンだけではなく、専門のクリニックなどでも行われます。

このクリニックで行われるものを医療脱毛といいます。

医療脱毛は医師の監視下で行われるものであり、すこし脱毛効果の高いマシンを使うことが特長です。

効果が高いということはそれだけ痛みがある可能性が高いということ。

それに比べると、脱毛サロンの施術は痛みは軽いと言えるのではないでしょうか。

肌を冷やしながら脱毛するマシンが主流

多くの女性が、脱毛をするのは痛いのではないかと思っていることは百も承知。

そのため、脱毛マシンも痛み軽減のための配慮がなされています。

その配慮というのが、冷やすということです。

脱毛をするときには、光を照射しますが、この照射をするのと同時に、冷気を肌にあてるのですね。

肌を冷やすというのは、痛みの感覚を鈍くさせることができる方法です。

そのため毛乳頭に照射を当てながら、肌には冷気を当てるのですね。

そうすることによって、感じる痛みを軽減させることができるのです。

結局は痛みをとるか?きれいをとるか?

脱毛サロンで使用されるマシンは、性能が良くなってきているので、痛みを最小限に抑えるための機能も満載です。

しかし痛みはゼロにすることはできません。

そのため、脱毛をすることを迷ったら、結局のところ痛いのが怖いから脱毛をしないということを選ぶのか?また綺麗になりたいから、多少痛くても脱毛をすることを選ぶか?という選択になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加