脱毛サロンを掛け持ちするデメリットとは

脱毛をする際に、色々な脱毛サロンを掛け持ちすることで「費用が浮く」、「もうちょっと効果が出る」、「脱毛が早く終わる」と思っている方も多いかと思います。

そう思っている方のために、ここでは脱毛サロンを掛け持ちするデメリットについて触れたいと思います。

お肌を傷める可能性がある

いくつかの脱毛サロンを掛け持ちすることで、お肌を傷めつけてしまうことが多いのです。

というのも、脱毛サロンを掛け持ちをすると、毛周期に関係なく、脱毛する可能性の方が高くなり、やらなくても良い脱毛をやることになります。

その結果、抜けるムダ毛もなく、直接お肌をレーザーなどで傷つけてしまうてしまうことになり、結果、脱毛ができなくなるということにもつながるので、やはりおすすめできません。

交通費や時間もかかる

脱毛サロンを掛け持ちすると、もちろん、2つ以上の脱毛サロンに通わなければいけなくなるので、そこへ通うまでの交通費もかかります。

もちろん、それが定期内であるなら問題ないかもしれませんが、脱毛サロンへ通うまでの時間、待ち時間など、色々な面で損をしてしまうことが多いです。

コスパの面を考えるのであれば、1つの脱毛サロンで1度に脱毛をすませてしまった方が、時間もお金もかかりにくくなります。

結果的には高くなってしまう可能性がある

特に部分脱毛をする方、わきはAという脱毛サロンで、そして、脚はBという脱毛サロンでやるとしましょう。

そうなった際に、結果的には、「ああ、やっぱり腕もやりたい、顔もやりたい、どうせなら全身脱毛にすれば良かった」と、思う方がほとんどなのです。

となると、せっかく費用を抑えようと思って別々の脱毛サロンに通って部分脱毛をしたのに、今度は全身脱毛費用が掛かってしまうので、実は余計にお金がかかってしまうことになりかねないのです。

予定が立てづらくてイライラしてしまう

なかなか予約が取れない脱毛サロンと契約してしまうと、掛け持ちの際には特に予定が立てづらくてイライラしてしまうことがあります。

本当はその日に脚の脱毛サロンに通いたかったけど、やっとわきの脱毛サロンがこの日にとれるから入れられないなんてことがよくあると嫌になりますよね。

ストレスを回避するためにもやはり、脱毛サロンの掛け持ちはおすすめしにくいです。

脱毛サロンの掛け持ちをして費用を浮かそうと考えている方、まずはコチラを読んでそのデメリットを知っていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加